Article 9 Association NARA Networks

2004年6月10日 井上 ひさし(作家) 梅原 猛(哲学者) 大江 健三郎(作家)  奥平 康弘(憲法研究者) 小田 実(作家) 加藤 周一(評論家) 澤地 久枝(作家) 鶴見 俊輔(哲学者)  三木 睦子(国連婦人会)の「九条の会」アピールに賛同し集まった 奈良県内 町・地域・分野のサークルのネットワークです。
主なサークルは「蟻の会合唱団九条の会」、「小さい九条の会」,「平城ニュータウン九条の会」、「とみなん九条の会」、 「西大寺九条の会」、「富雄九条の会・女性の会」、「登美ヶ丘九条の会」、「飛鳥九条の会」、「九条の会斑鳩支部」、 「憲法九条の会・生駒」、「憲法九条の会鹿ノ台校区」、「ピジョン倶楽部」、「九条の会・三郷」、「九条の会・葛城」、 「河合九条の会」、「奈良広陵九条の会」、「橿原市九条の会」、「王寺九条の会」、「ならつり人・九条の会」、 「香芝九条の会」、「かんまき九条の会」、「九条の会・へぐり」。
平和憲法を守る為に各サークルは独自の活動を行っておりますが、本ネットワークは憲法学習会、サークル間の連絡、 広報活動を行っております。


お知らせtopics



10月31日 「辺野古新基地」は法律違反;紙野健二氏アピール

    9月30日、沖縄県知事選挙直後の情勢をふまえて 一一「辺野古新基地Jについて一一
1. 沖縄の辺野古に基地を作ることは、普天間基地の移設ではなく、普天間をそのままに してあたらしい基地を作ると  いうことです。米政府は、辺野古の基地ができたら普天 間を返すとはいっておらず、むしろ日本政府の自己保身の
 ための作り話です。
2. この動きは30日の選挙で止まっていて、新しい知事が決まったら動き出しますが、今 問題になっているのは埋し
 た(撤回と呼びます)のが、選挙直前の情勢です。国は、それを争う姿勢を見せると選挙に悪影響があると判断して
、対応を止めています。
3. 基地を作るかどうか、どこに作るかは国のすることで。沖縄県は口を出せないという 人がいます。しかし、どこに
 作るかを国が決めるとしても、その地域の住民の同意が必要で、法律で決めなければならないというのが、首都大
 学東京の木村草太さん(憲 法)の主張です。私たちは、沖縄県の相談相手として、海上に基地を作るには海を埋め立て
 るための法律(公有水面埋立法)に従わねばならず、それを認めるのは県知事 の権限なので、その権限に従わない国の
 工事を違法と判断してら県がこれを取消した (撤回)、そのことは正当な主張だと考えています。国は、これを訴訟
 で、争ってきますので、いずれ裁判で決着します。なお、最高裁判決がすでに出ているという人もいますが、あの判
 決は別の争点についてのもので、現時点では意味がありません。
4. したがって、私たちは、ここでは辺野古基地を作ること自体が違憲だとか、安保条約 には反対だとかいってはいま
 せん。基地一般、沖縄の基地、そして安保に賛成の人も (国が違法行為をしているとか、美しい海を守らなければ
 いけないという理由だけでも)、一緒に辺野古基地建設反対で一致できます。小金井市の議会は、沖縄県民に押し
 付けるようなことはもうやめにして、もういちど本土で基地を引き受けられないか 国民全体で民主的で公正な議論
 をしようとの陳情の採択決議を可決しています。私は、全くその通りで素晴らしいことだと思います。
私は、いろいろな意見の違いを横において、広く辺野古基地建設の阻止をするのだという 翁長さんの遺志を継いで奈良にいて沖縄や全国の人々と協力し賛同をえるべく頑張ってい ます。
         紙野健二 (名古屋大学名誉教授、行政法)
2018年10月28日「辺野古埋立承認問題における日本政府による再度の行政不服審査制度の乱用を憂う」共同声明者
著書に「辺野古訴訟と法治主義」等があります。


10月15日 安倍改憲NO!3000万人署名の現状


九条の会奈良県ネットワークの2018年10月15日現在の集約数は17,241筆です。 詳細は「活動報告」ページの「3,000万人署名」を参照ください。3000万署名

5月3日発表の1,350万筆にそれ以降九条の会奈良県ネットワークに連絡あった署名数5,638を足した3000万署名ータを作成し、街宣に使用しました。 九条の会奈良県ネットワークの筆数の全国に占める割合は1200分の1です。 1000分の1と少なく見積もるとこの5,638筆は全国で5,640,000筆に相当し、累計1,914万と計算できます。2,000万をもうすぐ突破できそうです。
非公式ですが、全国では6月末で1,800万に達しているとのことです。


9月30日 沖縄県知事選 玉城デニー氏当選

        

9月30日に行われた沖縄県知事選挙で 辺野古新基地反対の玉城デニー氏(元衆議院議員)得票率55.1%で当選しました。 

即日開票開始3分後にはBS-朝日が当選を放送しましたが、NHKは1時間半後の21:30過ぎに当確のテロップを流しました。
平穏な生活には「米軍再編特措化した交付金」より「軍事基地不要」と言う沖縄の選択に敬意を表します。 当確の挨拶でウチナンチュウのネットワークを作ってアジアに世界に平和な沖縄を発信していこうと呼びかけています。 このためには、平和な日本・沖縄の象徴である日本国憲法第9条を護っていく必要があると思います。
沖縄知事選得票
  玉城デニー 396,632 (得票率 55.1%)
  佐喜真 淳  316,458 (得票率 43.9%)


10月5日 安倍改憲NO!3000万人署名の現状


九条の会奈良県ネットワークの2018年10月5日現在の集約数は16,800筆です。 詳細は「活動報告」ページの「3,000万人署名」を参照ください。3000万署名

5月3日発表の1,350万筆にそれ以降九条の会奈良県ネットワークに連絡あった署名数5,140を足した3000万署名ータを作成し、街宣に使用しました。 九条の会奈良県ネットワークの筆数の全国に占める割合は1200分の1です。 1000分の1と少なく見積もるとこの5,197筆は全国で5,200,000筆に相当し、累計1,870万と想像できます。
非公式ですが、全国では6月末で1,800万に達しているとのことです。


9月17日 沖縄県知事選大激戦に勝ち抜こう

        

奈良にも馴染みの深い仲里利信 前衆院議員の訴え 仲里利信 前衆院議員
玉城デニー選対本部長  

「はいさい、ぐすーよー、ちゅうがなびら。全国の革新懇のみなさん、こんにちは。いま私は玉城デニー選対本部長として、がんばっています。これまでも沖縄連帯の運動をひろげていただき、沖縄に思い入れのある革新懇のみなさんに、感謝するとともに、いま激しくたたかわれている沖縄県知事選へのいっそうの支援をお願いします。 カンパ、沖縄現地への応援もたいへんありがたいですが、とくにみなさんのまわりにいる沖縄県出身者に声をかけていただきたい。そこから沖縄の家族、知人、友人に玉城デニー支持を訴えていただくことを強くお願いします。 この県知事選に万一、負ければ、沖縄は沈没してしまう。辺野古新基地建設が強行され、普天間基地も返えされない状態が続く。絶対に負けられないたたかいです。がんばりましょう」   
沖縄知事選支援カンパの送付先
  郵便振替口座 01710-9-127910 名義 沖縄革新懇
又は
  郵便振込口座 01710-8-62723  名義 沖縄統一連


9月7日  世界の識者・文化人・運動家が沖縄の非軍事化を訴える


2014年、2015年に続き、言語者ノーム・チョムスキー・映画監督オリバー・ストーン、マイケル・ムーア、ジャン・ユンカーマン、ノーベル平和賞受賞者マイレード・マグワイヤ、歴史家のノーマ・フィヨルド、等々の政界の識者・文化人・宗教家133名が安倍首相・トランプ大統領・沖縄副知事そして、世界の人々に対して、沖縄と南西諸島の非軍事化を訴えました。 
 その中で、沖縄知事選の候補者が、沖縄の人々が表明した普天間基地閉鎖と辺野古新基地中止という民意を実行に移す意思を明確にすることを求めています。

  本文(英語版)を見る。
  日本語版 を見る


7月22日 安倍9条改憲NO!全国市民アクション アピール


930第4次集約めざし

暑さをしのいで3000万人署名を進めましょう

9月には「全国一斉署名行動週間」も


    全文を見る
                 


6月1日  九条の会 アピール


3000万人署名を達成し、安倍9条改憲に終止符を


あいつぐ悪政に対する怒り、そして3000万人署名の広がりが、いま安倍政権を急速に窮地に追い込んでいます。  森友学園建設に絡む文書改ざん、加計学園の獣医学部新設への関与、うそにうそを重ねる答弁さらに自衛隊の「日報隠し」は、安倍首相、安倍政権に対する不信を高め、内閣支持率は支持と不支持が逆転する状況が続いているばかりか、こんな安倍首相に改憲を語る資格はない、という声が増大しています。
 「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が提起した3000万人署名への賛同者は、4月末日現在で1350万人を超え、安倍政権に対する怒りと不信の高まりにあわせて急速に人々の数をふやしています。草の根の市民の会や九条の会の中には、自分たちでたてた目標を達成するところが次々に生まれています。
 安倍首相がもくろんだ今通常国会への改憲原案の提出と発議は実行できる見通しがたたなくなり、改憲強行のスケジュールは大幅な後退を余儀なくされています。
  9条改憲の危険性、時代錯誤も明らかになっています。
 いま、米朝さらには南北朝鮮の間で、朝鮮半島の非核化と長く続く「休戦状態」を終結させる努力が続けられています。ジグザグはありながら、力づくではなく話し合いにより平和を実現する道が模索されています。これこそ、9条がめざす道です。
 ところが、いま安倍9条改憲がめざすのは、話し合いによる道とは全く逆、米軍の北朝鮮攻撃に日本が武力で加担する体制をつくることであり、武力による「解決」を加速する方向にほかなりません。このような改憲を許すわけにはいきません。
 しかし、安倍政権、自民党は9条改憲の強行をなおあきらめていません。今国会で改憲手続法の改正を実現することで改憲の火を継続させ、ほとぼりを冷まして、秋の臨時国会での改憲原案の提出をねらっています。
 安倍改憲に終止符をうつには3000万人署名の力で改憲発議を断念させ、安倍政権を退陣に追い込むしかありません。安倍政権を退陣に追い込んでこそ、改憲の策動は止まります。
 いま、全国津々浦々で3000万人署名のとりくみが精力的にすすめられています。しかし、安倍首相のもくろむ9条改憲に危惧や不安を持ちながら声をあげる機会をもたない人々、署名のよびかけを待っている人々が、全国に、まだまだたくさんいることも間違いありません。
 何としても、3000万人署名を達成しましょう。改憲発議を断念させ、9条改憲に終止符をうちましょう。                          2018年6月1日 九条の会


5月10日 安倍改憲NO!全国市民アクション アピール


1350万人を超えた!さらに3000万人をめざそう

「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が10日に発表した声明「1350万人を超えた! さらに3000万人をめざそう」の全文を紹介します。  「安倍9条改憲NO! 憲法を生かす全国統一署名」(3000万人署名)は、全国各地での一人ひとりのたゆみない努力の積み上げにより、4月30日現在で署名数が1350万人を超え、5・3憲法集会で報告することができました。この間のみなさんのご努力に心からの敬意を表します。  この5月31日には、3000万人署名は第3次集約となり、今国会での提出期限ぎりぎりの6月12日(火)に、全国市民アクションとして衆参両院に最初の提出をする予定です。また、この提出日までにさらに署名を積み増すため、5月24日から30日までを「全国いっせい街宣・署名週間」として、みなさんに一層の取組みを呼びかけています。  一方、安倍政権はこの間、森友・加計学園問題にみられる権力と国有財産の私物化や公文書の改ざん、度重なる虚偽答弁、自衛隊の「日報」隠しや統幕幹部の野党国会議員への暴言、自民党議員と文科省による教育への介入、裁量労働をめぐる虚偽データ、財務省事務次官のセクハラ事件など、政治と行政の責任や矜持(きょうじ)・道義とはまったく無縁の「ウミ」だらけの姿が明かになりましたが、数を頼りの逃げと居直りに終始してきました。このため、安倍内閣の支持率は軒並み急落し、退陣を求める声が大きく広がっています。  この状況もあいまって、「安倍首相のもとでの9条改憲」は世論の過半数が反対し、「安倍4項目」の改憲案は自民党でも最終案にならず、衆参の憲法審査会でも議論とならず、安倍首相が最短距離としてめざしていた「今国会での改憲発議」は事実上、不可能となりました。実質的に約半年で達成された1350万人超の署名は、大きな成果をあげたと言えるでしょう。  しかし安倍首相と自民党改憲本部の幹部たちは、なおも「今国会でできなくても、年内の早い時期に発議をめざす」と強弁し、安倍政権下での改憲発議の方針にしがみついています。「安倍9条改憲NO!」の運動は、大きく広がってきましたが、まだ勝負はついていないのです。彼らに憲法改悪をあきらめさせ、退陣に追い込むためには、私たちは手を緩めず、もうひと押しふた押しの努力が必要です。  全国のみなさんがこのことを理解され、それぞれの地域の目標と全体での3000万人の目標を達成するため、ともに一層の努力をしていただくよう、お願いいたします。
                 2018年5月10日
              安倍9条改憲NO! 全国市民アクション


安倍改憲NO!3000万人署名の現状


九条の会奈良県ネットワークの2018年8月8日現在の集約数は15,921筆です。 安倍改憲NO!の世論を大きくするためにも3000万人署名獲得に向かって全力を注ぎましょう。
詳細は「活動報告」ページの「3,000万人署名」を参照ください。3000万署名

5月3日発表の1,350万筆にそれ以降九条の会奈良県ネットワークに連絡あった署名数4,318を足した3000万署名ータを作成し、街宣に使用しました。 九条の会奈良県ネットワークの筆数の全国に占める割合は1200分の1です。 1000分の1と少なく見積もるとこの4,318筆は全国で4,318,000筆と考えられ、1,782万と想像できます。
非公式ですが、全国では1,800万に達しているとのことです。


 安倍9条改憲No!全国市民アクション2018年5月3日発表によると、全国で1,350万筆集まったとのことです。
安倍首相(憲法違反では)がビデオメッセージを寄せた「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の憲法改正賛成署名数が1,001万8221です。 実質半年間で憲法改正賛成署名を上回ったのは感激です。 安倍改憲の発議をやめさせるまで引き続き3000万署名活動を行いましょう。



意見広告「安倍改憲NO!3000万人署名」   4月27日毎日新聞奈良版 に掲載されました。

 2018年4月27日毎日新聞奈良版朝刊を買って読んで下さい。
         
 大きくするときは PDFファイル



5月6日 憲法を生かす奈良県学習決起集会

講師 :清水雅彦教授
日時 :5月6日(日)13:30 より
場所 :奈良県文化会館小ホール
参加費:500円 学生・高校生200円
    パレード 講演後 プラスター・横断幕・幟等持参下さい
   ( 怒りのプラカード等持参で参加お願いします。)

PDFチラシ


4月1日 九条の会 ニュース 第301号

  安倍9条改憲NO! 3000万署名達成へ-九条の会集会
ニュースはボタンをクリック  PDFファイル
資料ページの「講演会資料」からもダウンロードできます。




最新活動予定

  詳細は「スケジュール」ページを参照下さい 

1.2018年4月21日  「西谷 文和」講演会
2.2018年4月28日  「明光寺マルシェ」
3.2018年5月3日   憲法を考える会「私たちのくらしと憲法」
4.2019年5月6日   憲法を生かす奈良県学習決起集会



安倍改憲NO!3000万人署名のチラシ

  それぞれの地域・分野の九条の会で3000万人署名のチラシを製作しています。他の九条の会で利用されてはどうでしょうか!  これらのファイルは「資料メージ」の「チラシ」からもダウンロードできます。

1.奈良市民の推薦 PDFファイル
2.登美ヶ丘              PDFファイル
3.登美ヶ丘(全戸配布)        PDFファイル
4.奈良県宗教の会         PDFファイル
5.王寺町民アクション LOVE9条     PDFファイル
6.王寺町民アクション NO WAR  PDFファイル
7.九条の会・桜井 これが9条だ     PDFファイル
8.九条の会・桜井 これが9条だ 第2版 PDFファイル


安倍9条改憲NO! 憲法を生かす全国統一署名

       2017年9月6日 九条の会事務局が「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」に参加し、
       「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」の3000万署名を発表
       署名用紙はここからダウンロードできます。
       署名用紙の裏面に奈良市在住の呼びかけ人を印刷し配布下さい。ダウンロード
       署名用紙の裏面に全国市民アクション発起人を印刷し配布下さい。ダウンロード


憲法9条にノーベル平和賞を! 取組を継続!

         2017年8月22日 「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会 声明発表

          署名活動を再開しましょう。 ネット署名
          紙署名用紙は「資料ページ」の署名用紙欄からダウンロード下さい。




安倍自民党の「加憲」案に反対します。!!!

安倍首相が憲法9条に1項、2項をそのままにして自衛隊を明記して憲法「改正」を行い、2020年に施行すると発言しました。
自民党では来年1月の通常国会に案を出し、いまの衆議院議員の任期が切れる2018年12月までに憲法改正案を発議し、衆議院議員選挙と同時に国民投票を行う準備を進めています。私たちも自民党の憲法改正案が提出されるまでに自衛隊を合憲と位置づけ、歯止めのない海外派兵に踏み出す安倍「改憲」の狙いを広く知らせて、大きな県民世論と運動を盛り上げるために奮闘したいと考えます。
 ①各地域・分野九条の会で憲法9条1項、2項を残して自衛隊に関する項目を加える安倍自民党の「改憲」について学習会を小人数でも行って下さい。
 ②7月に憲法問題で1000人委員会、共同センター、憲法を生かす県民の会、九条の会で共同の取り組みをすすめる相談をし結果については報告します。
 ③これを待たずに全県的な取り組みをどうすすめるか、具体的な方針を相談して報告します。

    

新着情報news

2018年4月18日
岡谷「九条の会」okatani9条大好きプロジェクト ニュース 第13号が発行しました。PDFファイル

九条の会・葛城が3000万署名推進ニュース 第3号を発行しました。
PDFファイル
2018年3月31日
九条の会奈良県ネットワークのTWITTERでの発信もやります。
TWITTER名は「nara9net@nara9jyonet]
フォロワーになって頂きたく
2018年2月20日
2018年3月の活動計画をアップしました。
2月中旬の九条の会活動記録をアップロードしました。
2月20日まで連絡あった「安倍改憲NO!」署名が4,442筆になりました。   安倍改憲NO!3000万人署名のはがき用紙をアップロードしました。
2018年2月4日
トップページのロゴマークを大きくしました。
2月初旬の九条の会活動記録をアップロードしました。
2月4日まで連絡あった「安倍改憲NO!」署名が3,553筆になりました。
2018年1月21日
安倍9条改憲NO!の各種チラシをアップロードしました。
1月中の九条の会活動記録をアップロードしました。
1月22日まで連絡あった「安倍改憲NO!」署名が3,105筆になりました。

九条の会奈良県ネットワーク

E-mail: nara9jyonokai@gmail.com
administ@nara9jyonet.com


nara9net